本調査で、7割近くの医師が「不明熱」では「総合診療科」に相談すると回答しました。 不明熱の原因は、感染症、悪性腫瘍、自己免疫の病気と多岐に渡ります。 原因不明の病気・体調不良の治療(鍼灸・整体院)さんのブログです。最近の記事は「血行を改善することで目の疲れを改善する【京都府福知山市からご来店】(画像あり)」です。 【消化器病学会専門医が解説】痛くないのに鮮血が出たり、突然黒っぽいタール便が出たり、便に血が混じる血便。血液の混じった便が出ることを下血と言いますが、血便の原因は様々です。痔だと自己判断するのは禁物。大腸ではなく胃や十二指腸に原因がある場合も。

尿がたまったときの膀胱の痛み、頻尿(昼夜を問わず尿の回数が多い)、尿意切迫感に悩まされていませんか? これまで前立腺の不調で片付けられてきた病状ですが、間質性膀胱炎という病気が潜んでいる可能性があることが分かってきました。その対処法は? 幼児の急な発熱・・・。ただの風邪?それともなにか別の病気? 原因不明の発熱の場合考えられる病気はどのようなものがあるのでしようか? こどもが熱をだしたときに注意することとはなんでしょう。 ダイエットしていないのに、急に痩せた場合、病気が隠れているかもしれません。何キロ以上痩せると病気の可能性があり、また、どんな病気が疑われるのか?医師に解説していただきました。 川崎病(かわさきびょう)は、1960年代に小児科医の川崎富作先生が世界で初めて発表した病気です。主に4歳以下の乳幼児がかかると言われますが、原因はいまだ不明。その川崎病が近年急増しています。 熱が長引いて原因がわからない時は「総合診療科」に相談を.