定期預金に満期が来た際の取り扱いは、「自動解約」と「自動継続」の2つ。すぐに使う予定がないなら、定期預金をそのまま自動継続するのも手。元金と利息を合わせて定期預金として自動継続すると複利効果も得られます。元金自動継続と元利自動継続の違いにも注意です。

ただし定期預金は、利息を支払うたびに税金が20.315%かかります。利払いの頻度が少ないほうが、税金面ではお得です。 2週間定期は満期を迎えるサイクルが早いため、利息から税金を引かれる頻度も多 …

定期預金では、利息を受け取る際にあらかじめ税金が差し引かれるので確定申告不要。その税率は20.315%だが、障害者等のマル優制度を利用すれば非課税とすることも可能。利息が6円までの場合は課税対象とならない。 定期預金の利息にかかる税金. 定期預金の受取利息に対する税率は、 所得税15%+復興特別所得税0.315%+地方税5%の合計20.315%です。 法人の場合は、地方税分の5%の課税が廃止されたの …

定期預金の利息は、満期時に税金がかかります。しかし、確定申告は不要です。 銀行側が自動で計算し、代わりに納税してくれるので、預金者が行う手続きはありません。利息がすべて受け取れないことだけ知っておけばokです。

定期預金が満期になった仕訳と勘定科目。利息は受取利息、税は租税公課で仕訳します。定期預金の他、定期積金の満期時も上記と同じ仕訳と勘定科目です。 銀行にお金を預けると、利子の分、お金が増えて戻ってきますが、この利子からも税金が引かれています。中には税金がかからない人や利息に税金がかからない、財形住宅や財形年金などの貯蓄制度もあります。預金の利子にかかる税金の仕組みを知っておきましょう。