ワンちゃんは老化の速度もとても早く、老化症状が目に見えて気付いたら、そこからはあっという間に衰えていってしまうのです。きっと、多くの飼い主さんがそろそろかな・・・と、覚悟をすることでしょう。それでは、老衰症状が出たときに、飼い主のするべき対応とは何でしょう?

当然、 シニア犬の突然死、本当の意味での老衰の犬達を 老衰 と概念があります。 何かの内臓疾患で何年間か闘病し最後、16才位の 天寿を全うした犬でも 老衰 と言われれば老衰ですね。 その年齢で心不全や腎不全を起こしてなくなるコも 老衰 と飼い主が思えば 老衰なのです。 犬が亡くなる前には前兆があります。その前兆を知っておくことで、慌てずに愛犬の最期を見送ることができるでしょう。この記事では、犬が死ぬ間際に見せる前兆についてご紹介します。 命あるもの全てに死は平等に訪れます。いつか、愛犬ともお別れしなくてはいけない日がやってくるの�

今回は犬の老化・老衰のサインや症状・対応策について、ペットの往診・在宅ケア専門サービス「にくきゅう」代表で獣医師の立石が解説します。 犬と暮らしていれば必ずやって来る「老化」。 9年飼っていた愛犬が突然死しました。その日の朝はいつもどうりにドックフードを全部食べ元気も良く、吠えていました。午後2時頃、庭先からへんな息遣いが聞こえたので見てみると横になって痙攣していました。10分程度でおさまり、絶対 犬の老化は、突然始まるわけではなく、少しずつ進行していきます。青年期を過ぎたら、パートナーの小さな変化を見逃さないことが大切です。ここでは、体の現象として現れる主な犬の老化のサインを5