行政書士試験の難易度について正しく理解するうえでは、平成18年度に実施された試験制度の改定についてもぜひ知っておく必要があります。 というのも、制度の改定前と改定後では、行政書士試験は まったくの別物に生まれ変わっている からです。

1.1.1 行政書士の合格率は約10%前後; 1.2 年代別の受験者数と合格率. 1.1 行政書士の合格率の推移. 1.2.1 30歳代の受験生が最も多く、合格率も高い; 2 実際の受験者層からみる行政書士の難易度.
行政書士試験の難易度はどれくらいなのか?過去10年間の平均合格率はおおよそ、9 %です。しかし、これがどの程度の難しさなのか、いまいちピンと来ない人もいるかと思われます。そこで今回は行政書士試験の難易度について解説していきたいと思います。

行政書士では次の要件のいずれも満たした者を合格とすると事前に決められています。 (1) 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、122点以上である者 (2) 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、24点以上である者 2.1 受験者のトップ層のレベルが上がっている

| 難易度は上昇!? 2019年度の行政書士試験は去年(合格率12.7%)に比べて少し難しくなったようですね。2%台だった2005年(合格率2.6%)や補正処置の行われた2014年度(合格率8.3%)ほどではないにしても、2016年度(合格率10.0%)や2013年度(合格率10.1%)くらいの難易度かもしれません。 サラリーマンとして働きながらでも合格は可能なのかなど、行政書士の試験に興味がある方向けに、合格率の数字から分析した難易度だけでなく、数字に表れない本当の難易度についてお伝えしています。3分ほどで読み終えられる分量となっています。


目次. 1 合格率からみる行政書士の難易度.