・食物アレルギー対応委員会を設置し、対象児童・生徒への対応を決定する。 ・個別面談を実施する。(学級担任、養護教諭、給食主任と一緒に) ・全教職員に対して、食物アレルギーの研修会を実施する。 北海道教育委員会では、「今後の学校給食における食物アレルギー」対応について」(平成26年3月26日付 け25文科ス第713号通知)に基づき、具体的なアレルギー対応の指針として、「学校における食物アレルギー 食物アレルギーの子どもが年々増えている中、教育現場における食物アレルギー反応やアナフィラキシーの予防や対応についての知識や理解が重要になってきています。子どもが安全に過ごせる環境づくりに役立つガイドラインや講習会などをご紹介します。

本市では増加する食物アレルギーを有する児童に対応するため、平成22年12 月に単独校調理場方式の小学校を対象にした「相模原市立小学校食物アレルギー対 応マニュアル」を策定し、運用していますが、その後も、学校生活管理指導表発行

第1章 学校のアレルギー対応に関する基本的な考え方及び対応方針. 食物アレルギーについての研修に参加しました。 誤飲、誤食してしまった時、症状がこんなにも早く変わってしまうということに驚かされました。 今回の研修を通して、いかに早く正しい処置をすることが大切かを学ぶことができました。

6 食物アレルギーに関する研修 ⑴ 校内研修 ア 研修内容 職員研修では,以下のような内容を参考に行います。 イ 研修時期 年度初め(学校給食を実施している場合は給食開始まで) 児童生徒の食物アレルギー状況や対応が大きく変わったとき

牛乳が原因食物の食物アレルギーだというある児童の保護者から提出を受けた学校生活管理指導表を基に、学校はその児童に対して給食の牛乳を除去する対応をとっていたところ、ある日、その児童が誤って牛乳を飲んでしまい、教育委員会を巻き込んでの大騒ぎになりました。 職員向けの食物アレルギー研修としてエピペン注射の練習を行っていた上越市立高田西小学校で2017年4月17日、同校教職員が患者役の別の教職員に対し、練習用と間違えて本物のエピペンを注射していたことが4月18日、分かった。同日、上越市教育委員会が発表した。 愛知県名古屋市にある藤田医科大学 総合アレルギーセンターは、気管支ぜん息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、食物アレルギーなど、アレルギー疾患に関する診療・研修・研究をおこなっています。教育関係者向け研修についてはこちら マニュアルの位置づけ; pdf文書 (資料1-1-1)調布市教育委員会 食物アレルギー事故再発防止に向けた取組方針(240kb)(pdf文書)