メモリリークは,エラー処理など本来の想定とは異なる実行経路をプログラムがたどるときに起こりやすい。長時間連続実行されるようなアプリケーションでは,小さなメモリリークでもシステムに致命的なダメージを与えてしまうことがある。 メモリリーク撲滅とメモリ使用量低減は別問題(若干かぶってるけど) † メモリリーク撲滅 = 「いかに確実にメモリを解放するか」 メモリ使用量低減 = 「いかにメモリを使わずにやりきるか (いかにメモリを確保しないか)」 ↑ メモリリーク撲滅とメモリ使用量低減は別問題(若干かぶってるけど) † メモリリーク撲滅 = 「いかに確実にメモリを解放するか」 メモリ使用量低減 = 「いかにメモリを使わずにやりきるか (いかにメモリを確保しないか)」 ↑

んー。Flashでメモリリークかー。Unity仕様といっているけどもうちょっとNGUI側でも調べてもらいたいものだけど仕方ないのかな。 バグフィックスされたらちゃんと知らせてね!NGUI!

を繰り返すと、メモリリークという形で残る場合が見られます。 メモリリークさせるコツは window.open で、ダイアログ表示させる(オプションで toolbar=no とか行う)とか…? window.CollectGarbage() を行えば、"ある程度"メモリリークは防げそうです。 最後に… メモリはパソコンを快適に使用する上では欠かせないパーツです。一度に複数のソフトやアプリケーションを動かしたりする場合は、沢山のメモリを挿す必要があります。メモリの寿命は半永久的と言われていますが、実際のところパソコンの故障トラブルで上位を占

用語「メモリリーク (memory leak)」の説明です。正確ではないけど何となく分かる、IT用語の意味を「ざっくりと」理解するためのIT用語辞典です。専門外の方でも理解しやすいように、初心者が分かりやすい表現を使うように心がけています。